介護予防事業

介護予防事業とは

平成18年4月に新たに創設された介護保険の介護予防事業です。
要支援・要介護認定で、非該当(=自立)と認定された方も、利用できます。
介護予防事業には、対象者別に2つの種類があり、
一つは、65歳以上のすべてのご高齢者を対象とする「一般介護予防事業」、
もう一つは要支援や要介護になる可能性の高い虚弱な高齢者を対象とする「介護予防・生活支援事業」です。
早い段階からご高齢者ができる限り自立した生活を送れるように支援することにより、
要支援や要介護状態の予防やその重度化の予防と改善を図ることを目的としています。

一般介護予防事業

介護認定を受けていないご高齢者が利用できる介護予防サービスです。
要介護者の増加を防ぐための予防運動を行い、
住み慣れた地域で自立した生活を送れるように、ご高齢者の健康と
暮らしの向上を目指します。身体機能の改善だけでなく、
ご高齢者の社会参加や生きがいにも働きかけることが大きな特徴です。

対象者

和光市在住65歳以上の方

介護予防・生活支援サービス事業

二次予防事業介護予防・生活支援サービス事業は、要介護状態となるおそれのある方、
または要介護状態にあると認められる65歳以上の方を対象として実施することを基本とし、
対象者が要介護状態となることを予防することを通じて、一人ひとりの生きがいや自己表現のための取組を支援し、
活動的で生きがいのある生活や人生を送ることができるよう支援する事業のことです。

ウォークあっぷコース

画像をクリックで拡大

ヘルシーフットコース

画像をクリックで拡大

元気あっぷコース

画像をクリックで拡大

※以下の基本チェックリストに該当する方でお申し込みをお考えの際は、お住いの地域の包括支援センターへご相談ください。

対象者

基本チェックリストにおいて以下のいずれかに該当する方を、
要介護状態等となるおそれの高い状態にあると認められる方として、介護予防・生活支援サービス事業の対象者とします。

  1. 1から20までの項目のうち10項目以上に該当する者 (複数の項目低下)
  2. 6から10までの5項目のうち3項目以上に該当する者 (運動器機能の低下)
  3. 11及び12の2項目すべてに該当する者(低栄養状態)
  4. 13から15までの3項目のうち2項目以上に該当する者(口腔機能低下)
  5. 16.17の2項目のうちNO16に該当(閉じこもり)
  6. 18~20までの3項目のうちいずれか1項目以上に該当(認知機能低下)
  7. 21~25までの5項目のうち2項目以上に該当(うつ病の可能性)

以下の基本チェックリストを参考にしてください!